Home Resource Center data Documents Whitepapers instances 要件に基づいたテスト : トレーサビリティが実現する協調作業の促進
Bookmark and Share
Download this Whitepaper

要件に基づいたテスト : トレーサビリティが実現する協調作業の促進

ソフトウェア プロジェクトが失敗する原因の 50 ~ 70 % は、要件が正しく記 述されていないことや周知されていないことにあります。これは、十分な資料 に裏付けされた事実です。実際、ある業界調査でも、プロジェクトで確認され たエラーの 56 % は、要件策定の段階で根本原因が生じていることが判明して います。

そこで今、正式な要件管理プロセスを導入して、要件に起因する失敗リスクを軽 減する取り組みが企業各社の間で広まっています。この要件管理プロセスを担当 するのは品質管理部門です。要件に基づくテスト手法を導入し、要件テストを網羅的に実施することで、要件管理の効率向上、失敗リスクの軽減、ソフトウェアの全体的な品質向上を実現できます。要件に基づくテストは、反復型やアジャイル型のソフトウェア開発手法を導入している企業でも広く利用されています。開発、ビルド、展開というサイクルが繰り返される中で変化していく要件を確実にカバーできるためです。

Document Actions